【完全保存版】EDMオススメ10選~大人しっとり系~

ミイタスがおすすめするEDM楽曲10選!!おとなしっとりの曲調で疲れた現代人におススメです♪
スポンサーリンク

『EDM』というジャンルの音楽を聴くようになって、少しこだわりが出てきました。

 

作業用のBGMとしてもオススメしますが、なかなかに奥深い歌詞と独特なリズム感で、きっとお気に入りのアーティストが見つかると思います。

 

ミイタスがおすすめする、大人しっとり系EDM10選

 

っと、その前に!

 

miitasu
miitasu

『EDM』って何の略なのか?

 

今、この瞬間に調べました(笑)

 

EDMとは「Electronic Dance Music」(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)の略、直訳すると「電子音で・踊る・音楽」。ここで言う電子音とは、シンセサイザーなどを使って生み出された音を指します。

 

テクノポップに近い感じでしょうか:)?

 

今までEDMというジャンルに興味のなかった方にも聴きやすい、

おすすめ10選を早速ご紹介したいと思います♪

 

There for you – Martin Garrix & Troye Sivan

2人の男性のボーカルが奏でる優しいハーモニーと、

リズムを取りやすいメロディが耳に残る一曲。

 

一定のテンションで続く音楽からは想像もつかない、

歌詞の『我、欲す』な内容にとろけます(笑)

 

Shelter – Porter Robinson & Madeon

miitasuが1番オススメしたい楽曲がこちら!

EDMにハマるきっかけとなった「Shelter」。

 

歌詞の意味を調べるまで内容のわからないまま聴いていましたが、

切なさの中に広がる博愛的な世界観を感じていました。

実際にこの楽曲の歌詞の内容は、人の弱さや不安を包み込むようなものでした。

 

なんと!アニメバージョンもあり、少女の置かれている状況から様々なことを推測して想像を広められるという楽しみ方もあります。

 

Something Just Like This – The Chainsmokers & Coldplay

スーパーマンに扮した男の子が採用されているジャケットが、

この楽曲の全てを物語っているように感じます。

 

華やかしく、誰からも称賛され必要とされる何者かになりたかった男の子と、

そんな特別な存在でいてほしいわけでもなく、ただ自分に寄り添っていて欲しいという女性の願いが切なく表現されています。

 

ここで敢えて「男の子」・「女性」と表現したのはmiitasuのエゴかもしれません。

いつまでも夢を持ってキラキラ生きている「男の子」が、

自分が存在するだけで幸せになってくれる誰かの存在に気がついた時、

本当の「男性」になるのかな?なんて…。

性別の隔たりなく、自分の価値を見い出した瞬間が「大人」の始まりなのでしょうか。

 

Symphony (feat. Zara Larsson)

序盤は物語のような弾む曲調で、きっとポジティブなことを歌っている曲なんだろうなぁと思っていました。

「Symphony」の本当の意味を知るまでは…

 

直接的なネタバレは控えますが、ぜひこのPVを観て欲しいと思います。

 

唯一無二の存在に出会えた喜びと、理不尽に奪われた命への喪失感。

愛しい人と一緒に居られる喜びと不安を一緒に感じられる一曲です。

 

Scared to Be Lonely – Porter Robinson & Dua Lipa

少し賢くなってしまった大人の恋愛観。

強弱の付いた曲調に、不安定な心情が表現されているように感じます。

 

一人が怖いから自分を必要としているの?

聞くことを躊躇してしまいそうなストレートな疑問が歌われています。

 

あれこれと疑心暗鬼になって自分も相手も信じられなくなってしまう…もどかしさ。

ただ好きで一緒にいたくて疑うことをしない、若い頃の恋愛が思い出されます。

 

Closer feat.Halsey – The Chainsmokers

しんみりした楽曲が続いてしまったので…

miitasu手持ちのカードの中で比較的明るめのこちらの一曲。

 

過去に思いを寄せあっていた二人が偶然街で再会した1シーンを歌っています。

※解釈に誤りがあったらごめんなさい(汗)

ふと、思ったのが「同窓会で再会した二人」!

あの頃はあんなことあったよねー、こんなバカなことしたよねー。なんて。

 

それは綺麗な思い出に…とはいかず、やっぱりこの思い止められない!

っていうのがさすが洋楽といった感じです。

 

My Name (feat.Talksick)

最近巡り合ったこちらの一曲、出だしからEDM感が漂っています。

 

離れたくても離れられない葛藤と、中盤で出てくる二人の会話?が面白いです。

あなたが「ごめん」っていう度に、私は「ふざけるな」って思うの。

ぶっちゃけすぎててむしろ清々しいです(笑)

 

若い子の恋愛ってこんな感じなのかなーっていうのが最初の感想でしたが、

生き方や趣味のバリエーションが増えたこの時代に、

人の恋愛観すらも多様化しているのであれば、

相手の恋愛作業にいちいち目くじら立てても仕方ないのかなぁなんて。

 

STAY – Zedd, Alessia Care

心臓が早鐘を打つようなサビ部分。

All you have to do is wait a second Your hands on mine The clock is ticking, so stay

の部分、二人の関係に終止符を打つ鐘のカウントダウンを待つような、チクタクという時計の秒針の音がバッグに流れています…。

 

必死に引きとめようとする女性の心情ももちろん理解できますが、

離れることを決意した人は、どうしても離れていくんですよね。

 

In the Name of Love – Martin Garrix & Bebe Rexha

これは、聴けば聴くほど…。

「メンヘラ」や「依存症」という言葉が頭に浮かんでしまうのは、

ミイタスがそういうグループに属しているからなのでしょうか?(笑)

 

「In the name of love」をGoogle翻訳にかけると「愛のために」と出てきます。

愛のために●●してくれる?という内容なのに、

聴けば聴くほど、愛の名の元に●●しなさい?と言われているような感覚になります。

闇が深い\(^O^)/

 

とは言え、抑揚の聴いたエレクトリカル感に魅力を感じる程の依存性があります。

やはり闇が深い\(^O^)/(笑)

 

Watch Me – banbox

最後の一曲がこちら!

正直、歌詞とか和訳の情報がありません(汗)

完璧にジャケ買いと出だしのノリの良さ勝ちな楽曲です。

 

この記事の初めに紹介した、EDMとは?の部分、

Electronic Dance Music」直訳すると「電子音で・踊る・音楽」。

思わず踊りだしたくなるような電子音の音楽という説明にぴったりです。

Watch Me 私を見て!という題名にふさわしいインパクトのあるEDMです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

どの楽曲もEDM入門にぴったりのおすすめミュージックです♪

 

miitasu
miitasu

次回のミイタスおすすめEDM10選もお楽しみに!

 

こちらの記事もどうぞ!

【保存版】ポジティブエイジングとは?意味を理解して未来に繋げる!
ポジティブに年齢を重ねることの大切さとライフスタイルにあったポジティブエイジングの実践方法をご紹介します。加齢を恐れず、本来の美しさの実現と内側から自信が溢れて素敵な女性になれるよう、今この瞬間から意識を少し変えることが未来に繋がります!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました