シニアしごとエキスポとは?65歳以上の就職説明会が東京都で開催

65歳からの就職活動東京都主催のシニアしごとEXPO
スポンサーリンク

高齢者の生きがい創造と日本が抱える労働力不足

人口に占める高齢者の割合が27%を超えた(平成29年時点)超高齢社会の日本。

高齢化社会と高齢社会と超高齢社会の違いは?読んだらすぐ説明できる
ニュースでよく耳にする、高齢化社会・高齢社会・超高齢社会のキーワード。皆さん違いは説明できますか?シンプルかつわかりやすく日本の高齢化をご紹介します。読めばすぐ、明日学校や会社で説明できるようになる!家族や友達と話したくなる要点をまとめました。
ミイタス
ミイタス

少子化と合間って、労働人口の減少に歯止めが効かない状態です。

 

今後、家庭に入っている女性や外国人労働者が社会に駆り出され、定年後の高齢者も働く意欲のある人は企業に重宝される時代がやってきます。

 

人生多毛作時代という言葉が聞かれるようになり、家族を養い子供を育てるといったファーストキャリアを卒業した世代が、セカンドキャリに生き甲斐を求めて再就職先を探す活動に勤しんでいます。

定年後も働く意欲のある高齢者の希望と、企業による労働者確保の動きをマッチングするイベントが先日都内で行われました。

 

シニアしごとEXPOとは?

「シニアしごとEXPO」とは、65歳以上の高齢者を対象に、企業が就職説明会・面接を行うイベントです。

東京都主催のシニアしごとEXPO

103日(水)1030分~16時、新宿NSビル NSイベントホールで行われた「第1回シニアしごとEXPO」には開場前から多くの人が列を成し、イベントへの関心の高さが伺えます。

 

参加者の中には、現役世代顔負けのスーツの着こなしで存在感を放つ男性や、7cmくらいはあろうかという高いヒールのパンプスで颯爽と歩く女性の姿が見られました。

 

新聞やニュースで目にする「高齢者」という言葉のイメージを払拭するほどのエネルギーを感じる開場では、83歳の現役プログラマー若宮正子さんが公演を行い、参加者に「豊かな実りの多い人生を楽しみましょう!」と声をかけました。

また、落語家の林家木久扇氏が「僕の人生、落語だよ!」をテーマにした高齢者を元気にするトークショーで会場を沸かせました。

 

他にも会場内に「シニアヨガ教室」を設けて参加者を募るなど、単に就業推進を掲げるのではなく、多角的な視点から高齢者を支援するイベントとして成功を収めました。

 

実際に就職説明をしているのはどんな企業?

残念ながら、今回の新宿会場で就職説明会を行った企業の一覧は見つけられませんでした。

私の知りうる情報の中では、百貨店関係・マンション管理など多岐にわたる分野の仕事が紹介され、東京都のハローワークやシルバー人材センターもブースを構え、就職に関する相談を受け付けていたようです。

その場で採用に繋がったケースも報道されていましたので、定年後の再就職に悩んでいる方は様子見がてら参加されるだけでも有意義な時間になると思います。

次回行われる立川会場での参加企業は一覧をゲットできましたので次でご紹介します!

 

次回の開催は東京都立川市

次回開催される「第2回シニアしごとEXPO 立川」は、20181018日(木)10:3016:00の日程でパレスホテル立川で行われます。

東京都主催のシニアしごとEXPO

事前申し込みを行なっていただくとスムーズに入場ができるようです。

申し込みなしでも入場無料で参加できるようですが、混雑が予想されますので気になる方は事前申し込みをおすすめします。

 

第2回シニアしごとEXPO 立川会場の参加企業

  • 株式会社 村内外車センター(デリバリー)
  • 医療法人社団 英世会(介護助手・送迎ドライバー・清掃員)
  • オーエム通商 株式会社(工場内作業)
  • 株式会社メット(交通誘導警備・警備スタッフ)
  • パレスホテル立川(和洋食料理の調理)
  • オーケー株式会社(ベーカリー・精肉部門・水産部門)
  • 株式会社ソラスト(ケアワーカー・ホームヘルパー)
  • 社会福祉法人 梅の樹会(介護スタッフ・デイサービス・調理員)
  • 株式会社東日本環境アクセス(JR駅清掃スタッフ)
  • 株式会社ソーシン(品質保証製品開発)
  • 株式会社KENドリーム(観光バスドライバー・乗務員補佐)
  • 株式会社サカイ引っ越しセンター(引っ越し梱包スタッフ)
  • 社会医療法人河北医療財団(介護職員・リハビリ助手・送迎ドライバー)
  • 株式会社つつじヶ丘在宅総合センター(介護職・看護師・調理員)
  • 日本建業株式会社(夜間警備員・交通誘導員)

 

福祉や調理、清掃や警備員などのお仕事が多くなっていますね。

どの企業も、今後の日本の労働力不足に早い段階から注目していることから、高齢者の採用に関心と理解があると言っていいと思います。

今後、この「シニアしごとEXPO」が各地に広まり、参加企業が増えることが期待されますね。

 

参加者の感想

さて、「第1回シニアしごとEXPO」に参加された高齢者の感想をご紹介したいと思います。

心は50代だから、働いていいよと言われる場所があると嬉しい。69歳女性

普通の生活は送れているが、何かあった時のために蓄えを増やしておきたい。71歳女性

社会と遮断されてると思うと寂しくって」年齢不明女性

人生100年と言われ、残りの30年を有意義な生活にしたい!年齢不明男性

 

未来に繋がる高齢者の活躍

参加企業側で就職説明を行なっていた男性が、「高齢者の方も新分野に挑戦して積極的に新しい自分を発見してほしい」と話していました。

高齢者のセカンドキャリア創造の手助けに積極的な企業があることが心強く感じますね。

現役時代に携わっていた分野はもちろん、ずっと興味を持っていた分野に挑戦するのもおすすめです。

労働力不足というネガティブな思考からではなく、定年後の高齢者の方が意欲的に社会に参加できるシステムを作っていくことが、我々の課題であることも忘れてはいけません。

 

こちらの記事もどうぞ!

【保存版】ポジティブエイジングとは?意味を理解して未来に繋げる!
ポジティブに年齢を重ねることの大切さとライフスタイルにあったポジティブエイジングの実践方法をご紹介します。加齢を恐れず、本来の美しさの実現と内側から自信が溢れて素敵な女性になれるよう、今この瞬間から意識を少し変えることが未来に繋がります!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました